2011年06月13日

房総の古道、馬頭観世音へ向かった時の古道。

CA392652.JPGCA392650.JPGCA392648.JPG

帰路、道路脇の藪に潜む穴たち。
posted by 幕府 at 11:01| Comment(0) | メモする日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

房総の古道、馬頭観世音へ向かった時の古道。

CA392643.JPGCA392640.JPG
馬頭観世音から

帰路、降り口のつづら階段
posted by 幕府 at 10:58| Comment(0) | メモする日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

房総の古道、馬頭観世音へ向かった時の古道、逆回し。

CA392600.JPGCA392588.JPGCA392584.JPG
カメラ

全体的に明るく下草も少なく穏やかアップダウン堀割り馬の背良好☆☆☆


若い頃
自分もオフ車(DT200・RMX・ダックス70)等で房総の各林道走っていましたが、

最近のオフ車は、こうしたシングルトラックまで入って来るので、
場所の入り口は控えています。

が、

最後、完抜け部に階段(オートバイ無理)があるのであまり入っていない様子でした。
posted by 幕府 at 02:09| Comment(0) | メモする日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

房総の古道

CA392629.JPGCA392628.JPGCA392625.JPG
まず、
目的地の


徳氏、田淵、月出のの境目あたりにある
ガチ山ん中のあせあせ(飛び散る汗)
カメラ馬頭観世音


あとで地図で確認したんだが…

道が表示されない雫(涙・汗)航空写真でも位置がイマイチはっきり特定できず困り

行き帰りとも直前に急階段の担ぎ上げ降ろしがあるが、
幕府は1番好きなルートかも。
(途中、不気味なカ所が、
1ヶ所あるが…)
posted by 幕府 at 01:36| Comment(0) | メモする日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

房総の古道

CA392703.JPGCA392702001.JPG
飯給。

蓮泉寺の周りにある
被圧水の自噴井戸群。

古敷谷、月出、月崎そして、香取市などでよく目にします。

夏のチャリ道でみつけたらラッキーきらきら

冷たい大量の水で顔を洗うと生き返りますねえ〜顔1(うれしいカオ)
posted by 幕府 at 00:58| Comment(0) | メモする日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

房総の古道

CA392665.JPGCA392666.JPGCA392668.JPG
柿木台。
先が消失したトンネル入り口向かいの山に鎮座する
…なんかの碑?
と、

よく目にする
見ざる言わざる聞かざる

場所的に自宅付近の山神様の立地環境に似ている。
山神様かなんか

だべか?


ちなみトンネル上へは階段があり、
梅畑に古〜い墓石群のお墓。
posted by 幕府 at 00:35| Comment(0) | メモする日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

房総の古道

CA392657.JPGCA392663.JPGCA392664.JPG
柿木台 先の古道が消失したトンネルへのコンクリート古道南側入り口付近の神様。

先が消失したトンネル入り口。

先が消失したトンネルの坑壁の窪み、

ろうそくを立てて灯りをともしたのか?
posted by 幕府 at 00:19| Comment(0) | メモする日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

房総の古道

CA392688.JPG
柿木台 大山祇神社
posted by 幕府 at 00:12| Comment(0) | メモする日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。